リビングセンター長野トップ > リフォーム事例集 > リビングフレッシュ > 中古住宅をわが家仕様にフルリフォーム

中古住宅をわが家仕様にフルリフォーム

リビング リフォーム後
リビング リフォーム前
point
リビングとの間の扉を撤去し、間口を半間拡げてLDK感覚でも使えるようにしたキッチン。敷居も外してフラットに。システムキッチンは「パナソニック リビングステーションSクラス」。

 日当たりのいい角地に建つ築21年の軽量鉄骨2階建て住宅。リフォームに際し「光熱費や環境を考えエネファームと太陽光発電を取り入れてダブル発電を」とリクエストいただきました。エネファームはガスから電気をつくる家庭用燃料電池。発電するときの熱で給湯や暖房もでき、太陽光発電との併用でより多くの電気がつくれてCO排出量も少ないのが特徴です。加えて「子どもが小さいのでリビングを床暖房に」「浴室やトイレなど水回りと和室の収納スペースを広げたい」「2台分の駐車場を」など。コストを考え、基本的な間取りなど、活用できるものは残すことも今回のリフォームポイントです。

 新築のごとく甦った住宅。外観では太陽光発電に伴い、屋根を葺き替え。玄関先から南側の庭を囲っていた塀を撤去し、エントランス前をオープンガレージにして、1台だった駐車スペースを2台分に増やしました。住まいの顔である玄関先もオシャレに変身。2ロックのシリンダー錠断熱玄関ドアを採用しました。高さや重厚感があるのに通風タイプなので閉めたままでも風が通り夏は爽やかです。

室内では、リビングの床材に床暖対応の無垢材を採用。天然木の優しい感触と床暖房を両立させました。

また、「キッチンからリビングで遊ぶ子どもたちの様子を見通せるように」と、リビングとキッチンを仕切っていた扉を撤去して間口を拡幅。狭かった浴室洗面所とトイレは、横ならびにあった物入れを撤去し、トイレの後ろに隠れていた階段下デッドスペー
スを活用することでゆとりが生まれました。
 
このほか各部屋や廊下のクロスやフロアも張替や上張でリフレッシュ。柱や鴨居など造作材には「磨き」や「洗い」を施して美しさを取り戻しました。
 
「家も出来たし、また、がんばろう!という気持ちになりますね」とニコニコ顔の奥様。命を吹き返した家が、住まう人に元気を運びます

トイレ リフォーム後 トイレ リフォーム前
point
1階トイレ。壁の奥に隠れていた階段下のデッスペースを活かすことでスペースだけでなく採光もゲット。

和室 リフォーム後 和室 リフォーム前
point
畳替やクロスの張替のほか「洗い」「磨き」でピカピカに甦った和室。床の間を撤去し押し入れを広げて和モダンなクローゼットに。床の間は雛人形などが飾れるフリースペースに。
point
以前は大人一人入るのがやっとだった浴室も、親子でゆったり入れるスペースに。導入機種は「システムバス TOTO サザナ」。


エネファーム リフォーム前
point
クリーンな都市ガスを使ってマイホーム発電。「エネファーム」の燃料電池発電ユニットと排熱利用給湯暖房ユニット。
太陽光パネル リフォーム前
point
屋根を葺き替え、太陽光パネル4.3kWを設置。
オープンスタイルカーポート リフォーム前
point
車2台が駐車できるオープンスタイルのカーポートは、夏にはビニルプールを置いて遊び場にも。玄関アプローチの平門柱はブラウン系のレンガやコテ仕上げの塗り壁でプロヴァンス風の洗練された印象に。
担当者のコメント
上のお子さんの就学を機に緑豊かな河内長野市への転居と マンションから戸建て住宅への住み替えを決意されたY様一家奥様のご実家がある清見台の中古住宅を購入してフルリフォームするという方法で環境に優しい理想のマイホームを手にされました。
二級建築士 岸本夕起子
二級建築施工管理技士 大原寛
リフォームを終えてN様のご感想
ガス会社がベースだと何かあった時にも安心
他社の見積も取って検討したのですが、リビングセンター長野さんにお願いしたのは担当者の方がしっかりしておられて、ご近所での評判がいいこと。そして何といっても、エネファームを導入するのにガス会社がベースだということが決め手になりました。評判どおり細部まで丁寧に施工してもらって、美しい仕上がりに満足しています。
こぼれ話 (取材を終えてライターの感想)
築21年の家屋。外観は太陽光発電に対応して屋根を葺き替えた以外、ほぼ以前のままですが、ファサード(外周り)を一新。塀を撤去してオープンスタイルのカーポートを設置し、玄関アプローチを造り替えることでガラリと印象の違うモダンな顔になりました。中でも奥様が「ここだけは」と力を注がれたのは、レンガを乗せた平門柱のコテ仕上げの塗り壁と、高さが庇近くまである重厚感漂う玄関扉。盛り土した庭のコンクリート塀も、平門柱の塗り壁と同色に仕上げてセンスアップ。また、庭に何本も茂っていたツバキも選別して、いいものだけをチョイス。「玄関周りを変えるだけでこんなに印象が変わるとは! 塀と庭木がなくなったので防犯の点で心配しましたが、2カ所に鍵のある頑丈なこの扉なら安心です」と奥様。南仏を思わせるお洒落なファサードが、円熟した住宅地でひときわ輝いていました。
清見台 Y様邸リフォームデータ
家族構成: ご主人(39歳)と看護師の奥様(35歳)、6歳のお嬢さん、1歳10カ月の男女の双子のお子さんの5人。
工事期間: 約5ヶ月
総工費: 1,100万円