リビングセンター長野トップ > リフォーム事例集 > リビングフレッシュ > 在来工法の浴室をシステムバスに。サイズオーダーだから、ひろびろ快適!

在来工法の浴室をシステムバスに。
サイズオーダーだから、ひろびろ快適!

洗面室 リフォーム後
リフォーム前
point
多彩な機能とお洒落なスタイルを誇るクリナップの洗面台。幅広で横に2人並んで使える「片寄カウンター」や、背の低いお子様が立っても顔が映る「チャイルドミラー」が人気。

 「半端じゃない河内長野の冬の寒さ。年代も考えるとヒートショックも心配ですし」と話す奥様。トイレに続いて今回は、寒さが一番気になる洗面室、浴室をリフォームされました。ところが在来工法によるS様邸の浴室は、規格サイズの一般的なシステムバスを導入するとデッドスペースが生まれ、狭くなってしまうという問題が。そこで、ご提案したのが浴室空間に合わせてサイズオーダーできるタカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」。さらにこのシステムバスは、浴槽だけでなく天井や床、壁、風呂フタにも保温材を使っているため、熱を逃がさず冬場の入浴でもあたたかです。
 一方、温度差が招くヒートショック対策として、一台で浴室と洗面室を同時に暖房できる浴室暖房乾燥機を採用されました。出産のために里帰りされた次女さんが「まるでホテルみたい」と感嘆されたラグジュアリーな洗面室。天井や壁の白いクロスの中で、洗面台のある面にだけ配したブラウン系のアクセントクロスがクラス感を高めます。洗面台はクリナップ『ティアリス』。大容量の収納力のほか、洗面ボールが洗面カウンターの中央ではなく片側にあることが選定の決め手になりました。「洗面台の横にスペースがあるとタオルなどが置けて便利。この空間は重宝しますね」と奥様。アクリル系人工大理石の天板と洗面ボールは手触りもなめらかで、青みを帯びたクオーツアクアのカラーが、洗練された洗面室を引き立てます。
 横浜に住む長女さんも出産を控え、夏には2人のお孫さんに囲まれるS様ご夫妻。「夫婦でのんびりと思ったけど、また忙しくなりそう。お風呂を一番に直して本当によかった」と、うれしい悲鳴の奥様です。

point
どんなサイズの浴室にもジャストフィットするタカラスタンダードのシステムバス。浴室を丸ごと断熱材で包み込む構造なので光熱費もお得。ゆるやかな丸みが体にフィットするラウンド型の浴槽は最高級品質の「アクリル人造大理石」。
リフォーム後
point
前回工事の読書室のようなトイレ。階下の物入れのスペースを活用した幅広の棚は書棚やちょっとした机にもなりそう。便器は洗いやすい手洗いを備えたTOTO GG-800。
担当者のコメント
二人の娘さんが相次いで結婚、夫婦二人になった家の中で気になり始めた住まいの劣化や不具合…。
美加の台の住宅地にあるS様邸は築25年。これから先のライフスタイルも考え、優先順位を付けてリフォームに着手されました。トイレ、外壁に続く今回は、長年冬の寒さに耐え忍んでこられた洗面室・浴室です。
二級建築施工管理技士 大原 寛 / インテリアコーディネーター 森 友子
リフォームを終えて奥様のご感想
古いお風呂なので規格外のサイズで心配しましたが、リビングセンター長野で相談したらタカラのシステムバスなら大丈夫と聞き、迷わずこちらに決めました。工事期間も1週間と短く、1月に完成したのでこの冬はポカポカ温かいお風呂を満喫しました。お風呂や洗面台が快適だと孫を連れて娘一家が来ても安心。リフォームして本当によかったです。
こぼれ話 (取材を終えてライターの感想)
まるでホテルのパウダリールームのような洗面室。居心地のよさは”見た目”の高級感だけではありません。あらためてチェックすると驚くほど製品の機能やデザインが「進化」を遂げていることに気付きます。例えば今回、施主様が選定されたクリナップの洗面化粧台「ティアリス」。間口90p以上と広い洗面台なら、洗面ボールを左右どちらかに寄せることで2人並んで使用ができるようになっているのです。これなら忙しい朝もご主人が歯磨きをしている横で、奥様がスキンケアするなど同時に使えて大助かり。また、水栓の後ろの低い位置も鏡になっているので、小さなお子様や椅子に座ったままの状態からでも歯磨きや身だしなみのチェックができます。使ってみて初めて分かる「こうなればいいのに」「あ、これ便利」というカタチ。そんな小さな工夫が365日の居心地のよさをつくります。
リフォームデータ
家族構成: 会社員のご主人と奥様(ともに50代)。
施工期間: 約10日間
施工費: 約250万円(他小工事含む)