リビングセンター長野トップ > リフォーム事例集 > リビングフレッシュ > 寒いお風呂を「ずっと入っていたい至福のバス」に

寒いお風呂を「ずっと入っていたい至福のバス」に

リフォーム後
リフォーム前
point
天井から差し込むライン状の光が鏡面仕上げの濃茶の壁面に映えるラグジュアリーなバスルーム。酸素美泡湯を取り入れた美しく洗いやすいスゴピカ浴槽を採用。

  「壊れたわけではないので、まだ何年かは使えたと思いますが、いずれリフォームするなら一日でも早くしたほうが快適に暮らせる時間が長くなるかと」。今回の判断について話す奥様。浴室は広い上にタイル張りのため寒さもひとしお。間取りはそのままに隣の洗面室とトイレのリフォームに着手されました。
 プランニングに際し、当社のショールーム、クラッシモで実物に触れるなど機能を十分に吟味した上でお選びいただきました。浴室の採用機種はパナソニック「オフローラ」。壁面を深みのあるブラウンのカラーでまとめ、酸素を含んだクリームのような泡が出る「酸素美泡湯」と、天井からライン状の光が差し込む「LEDライン照明」をチョイス。「美泡湯はお肌がすべすべ。私や娘が気に入っています。ライン照明は光の色や明るさが調節できるので、浴槽に浸かったときに色を変えてくつろいでいます。隣に住む孫も毎日来ますよ(笑)。お湯が冷めにくいのも驚きです。沸かし直しが要らず、翌日の夕方でもまだ温かいほど」と奥様。
 一方、「この快適性は想像以上。とにかくぽかぽかで、母が喜んでいます」とおっしゃるガス脱衣室暖房を備えた洗面室。浴室とは対照的なホワイト系カラーでまとめ、洗面台の後ろにはシックモダンなアクセントクロスで変化を付けました。ライトを縦に付けた通称「女優ミラー」というツインラインLEDは「きれいに見えて使いやすい」と好評です。
 トイレはパナソニックの全自動お掃除タンクレストイレ「アラウーノ」。入口に自動水栓の付いた洗面ボールを設置し、壁の一部に湿気や臭いを取るエコカラットを採用。快適性を追求する一方、入口の段差はお母様の筋力アップのためにあえて残す選択も。
 国際交流活動に力を入れるS様の家では留学生や海外からのお客さんがホームステイすることも多いとか。「日本のトイレやバスは注目の的。ますます盛り上がりそうです」(奥様)。

point
浴室とは対照的なホワイト系のクロスですっきりまとめた洗面室。洗面台は「子育て」や「女性の使いやすさ」を考えたパナソニック洗面ドレッシング「シーライン」。LEDライトを横ではなく縦に付けたミラー照明や、お子様の目の高さに設置したミドルミラーなどうれしい機能満載。
リフォーム後
point
ダークブラウンカラーとエコカラットの柄の陰影がアクセント。専用手洗いの付いたキャビネットは厚み20pの薄型で邪魔になりません。手すりにもなるカウンターの下には2連ペーパーホルダーを装備。
担当者のコメント
市域面積の7割が森林という河内長野。冬の寒さは特別です。
とくに戸建ての洗面浴室は「寒い・冷える・温まらない」といった悩みを抱えるお宅が少なくありません。
美加の台で築30年の家に住むS様邸もそんな一軒。
「ずっと我慢していましたが、高齢の母との同居を機にリフォームして心地よく暮らしたい」と
水漏れが気になるトイレを含めて改修に着手されました。
二級建築士 岸本 夕起子 / インテリアコーディネーター 森 友子
リフォームを終えて奥様のご感想
相見積もりを出してもらいました。他社さんがローコストを売りにされたのに対して、リビングセンター長野さんでは、給湯器とか使えるものは残しながらわが家にとって必要か否かを確認し、より快適に楽しく暮らせるプランを助言して下さったことが決め手になりました。機能もデザインもすばらしくいいものになって家族みんなが喜んでいます。
こぼれ話 (取材を終えてライターの感想)
家庭のバスルームの進化が止まりません。ジェットバスやミストサウナから始まって、打たせ湯やこの酸素美泡湯、そして大型液晶テレビやシアター並みの音響設備etc…今や浴室はちょっとしたスパ・リゾート!!
また、注目したいのが照明です。他の部屋に比べると浴室の明かりに凝るお宅はまだまだ少ないのですが、照明器具一つで雰囲気が一転。とくにY様邸のように調光機能付きのものなら手元操作一つでいろんな表情が楽しめ、癒し効果が倍増します。このほか保温浴槽や節水シャワーなどの省エネ性能やお掃除性能も10年前とは比べものにならないほど進化しており、お財布やメンテナンス面でもうれしいこと尽くめ。百聞は一見に如かず。まずはショールームで確かめてみてはいかかでしょう。