リビングセンター長野トップ > リフォーム事例集 > リビングフレッシュ > 家族もゲストもくつろげる開放的な空間に

家族もゲストもくつろげる開放的な空間に

リフォーム後
point
壁面を覆うエコカラットがゴージャス。ソファーとテレビは新調。手頃なテレビ台が見つからず、ウッドワンの棚板を使ったシンプルなTVボードを造り付けました。

 「最初はとくに具体的なプランもなかったんですが、担当の大原さんや平山さんとお話しするうちに少しずつ固まってきました」と話す奥様。聴けば、社会人の娘さんを含めて一家でフルマラソンにも挑戦するというスポーツファミリー。「ランニング仲間を呼んで打ち上げや飲み会をしたい」という思いを抱いておられることが分かりました。そこで打ち出したリフォームプランのコンセプトは「家族もゲストもくつろげる開放的な空間に」。
 キッチンでは、ダイニングとの間にあった吊戸棚とキッチンコーナーを仕切っていた壁を撤去し、新たに立ち上がりのないフラット対面のキッチンに改修。視界はもちろん、間仕切り壁がない分、実際の空間も広がりました。家族3人でショールームを回ってチョイスされたシステムキッチンはパナソニック『リフォムス』。鏡面仕上げの白の扉カラーに加え、人造大理石のワークトップが見慣れた暮らしをおしゃれに演出します。
 続いて着手したリビング空間。「物入れ化していた」6畳和室を合体し、ダイニングキッチンと合わせて約23畳の広いLDKに蘇りました。ポイントはリビングの正面を覆うインテリア壁材『エコカラット』。季節を問わず快適な湿度を保ち、ペットのニオイや有害な物質も低減するエコカラットは、中央に設置した大型液晶テレビと相まってホームシアターのような風格です。また、元和室だったフロアの一角に3畳の琉球畳を敷きました。「畳間があれば、友だちが夜更かしをしても『その辺で横になって』と言えるでしょ。これは大正解でした」と奥様。照明器具も一新、調色機能付きのダウンライトや食卓の上のペンダントライトがモノトーンのインテリアのアクセントに。
 一方、狭さがネックだった浴室。もともとの浴室空間全体の構造を確認した上でタテ、ヨコに10p大きなサイズのユニットバスを導入。浴槽だけでなく浴室そのものが広がりました。
 「どこも広く明るく快適になって」と奥様。「うちで飲むビールは最高です(笑)」。楽しい暮らしが始まります。

point
システムキッチンは人造大理石シンクのパナソニック「リフォムス」。ダイニングとの間を仕切る吊戸棚や壁を撤去して視界広々。フラットな天板や油の飛散を抑えて視界を遮らない透明のスクリーンで開放感がさらにアップ。
リフォーム後
point
右奥のクローゼットは元押し入れ。天袋を撤去し襖を3枚引き戸に。床には琉球畳を敷いて小さな畳間に。床は傷が付きにくくお掃除が簡単なフロアタイル。ペットのいる家庭に最適。
リフォーム後
point
TOTOシステムバスルーム「サザナ」。サイズアップしたユニットバスを導入してゆったり手足が伸ばせます。
担当者のコメント
市内にあるマンションにお住まいのT様一家。
新築時に購入された3LDKの住居は21年目に。
「ペットがいるので床や壁も汚れている上にいろいろ壊れてきて」とリフォームの動機を話す奥様。
キッチン・浴室・洗面室・トイレなど水回りのリフォームとクロスやフロアの貼り替えから始まり、ダイニングキッチンに続くリビングも隣の和室6畳間と合体して開放感あふれる大人の空間に生まれ変わりました。
二級建築施工管理技士 大原 寛
インテリアコーディネーター 平山 裕美子
リフォームを終えて奥様のご感想
初めは水回りとクロスの貼り替えだけ、と思っていたんですが、キッチンがきれいになったら一気に弾みがついて(笑)。仕事を終えて帰る度に家の中がどんどん変わっていって、楽しかったです。大原さんや平山さんにはいろんなアイデアを出していただきました。エコカラットも3畳の畳間もお二人の提案です。費用をかける所はかけて。抑える所は抑えて。お陰様で予算面でも助かりました。素敵な部屋になってうれしいです。
こぼれ話 (取材を終えてライターの感想)
和室のある3LDKから、洋間だけの広々とした2LDKに生まれ変わったT様邸のマンション空間。「でも、マルチユースな畳空間はやっぱり欲しい」というご夫妻の声にお応えしてLDKの一角に3畳分だけ琉球畳を敷きました。琉球畳はもともと沖縄地方で栽培されていた「七島イ」(しちとうい)という、太く表皮が強いイ草を使用した縁のない半畳サイズの畳を市松模様に敷いたもの。最近では多彩な素材が開発され、カラーも豊富で洋間にマッチする畳としても大人気です。たとえば今回採用したダイケン の敷き畳「彩園」は、天然和紙をコヨリにして樹脂コーティングした畳。イ草に比べて約3倍の耐久性があるほか、撥水性に優れ、小さなお子さんやペットのいる家庭でも安心です。また、イ草の弱点でもある紫外線に強く、ダニ・カビの心配が少ないのもうれしい特長です。ちなみにT様邸では壁面の黒いクローゼットに合わせて「銀鼠色」をチョイス。畳間の機能に加えてモダンでお洒落な空間づくりに一役かっています。
リフォームデータ
家族構成: 共に現役で仕事を持つ60代のご主人と奥様、娘さん。愛犬2匹(14歳・12歳)。
施工期間: 延べ 約1カ月(2期に分けて実施)
施工費: 約500万円