リビングセンター長野トップ > リフォーム事例集 > リビングフレッシュ > 極上のリラクゼーションが待つ家に

極上のリラクゼーションが待つ家に

リフォーム後
point
浴室パネルと同じダークブラウンをアクセントカラーにして大人ヴィンテージなテイストにまとめたラグジュアリーな洗面室。洗面化粧台はTOTO「エスクアLS」。薄く端正なフォルムに仕上げたシンプルで美しいデザイン。天井に浴室暖房を取り付けて冬も暖か。壁に取り付けた棚でタオル類の収納力アップ。

「給湯器の調子がおかしくなったんです。前回交換してから10年、家も築25年になるし。何より主人が大のお風呂好き。じゃあ、ということで」。リフォームの動機について話す奥様。

北側に面したタイル貼りの浴室は、冬は凍える寒さです。今回ユニットバスへの改修に際し、天井・床・壁を断熱材で囲むほか、複層ガラスの断熱窓にして浴室暖房を取り付けるなど、徹底した寒さ対策を基本にプランニングしました。

採用したユニットバスはTOTO「シンラHKシリーズ」。浴槽の頭側の縁と腰部分から強い水流のお湯が出て、肩と腰に心地よくマッサージする最新機能を備えた新製品です。決め手となったのは奥様の肩こり。「使ってみると本当に気持ちよくて。主人も大満足です」と笑顔満面の奥様。カビに強い材質の浴槽のエプロンや、スイッチ一つで床回りの見えない汚れや菌を洗い流す「床ワイパー洗浄」など、仕事を持つ奥様にはうれしい機能が満載です。

リフォーム後浴室
point
「楽湯」など新しい機能が付いたTOTOのバスルーム「シンラ」。高いデザイン性に加えて掃除のしやすさでも群を抜いています。
リフォーム後トイレ
point
便器はTOTO「レストパル」。「きれい除菌水」で汚れが付きにくく超節水。便器の後ろに隙間のないすっきりデザイン。手洗器の両サイドはキャビネット。正面奥のモザイクタイルのアクセント壁がトイレをくつろぎの空間に。
担当者のコメント
河内長野市内にある自宅から、ご主人が経営される大阪市内の会社へ、毎日車で出勤されるK様ご夫妻。
多忙でアクティブなお二人にとってバスタイムは一日の疲れを取って明日のエネルギーを補充する大事な時間。
そこで、今回、給湯器の故障を機に古くなった洗面&浴室を上質なリラクゼーション空間にリフォーム。
合わせてトイレを含めた水回りを一新されました。
二級建築施工管理技士 大原 寛
インテリアコーディネーター 平山 裕美子
リフォームを終えて奥様のご感想
主人が仕事で忙しく私一人で打ち合わせることが多かったのですが、担当者のお二人が私たちの趣味や好みをしっかり把握して、ぴったりのプランを提案してくださったのでほとんど悩まずに決められました。とくに、肩楽湯や腰楽湯は実物を見ることなく導入したのですが、本当に選んでよかったと思います。きれいで快適になった浴室やトイレを見ていると、リビングも早くリフォームしたくてウズウズしています(笑)。
こぼれ話 (取材を終えてライターの感想)
住宅設備の中でも先進技術と斬新なアイデアで世界の人たちをあっと言わせる日本の水回り設備。とくに浴室は20年スパンで使うものだけに、いざリフォームをという段になって製品性能を調べてみると、リラックス性、保温性、省エネ性、お掃除性などどこを見ても驚くほど進化しています。例えばこのTOTOの最新型バスシステム「シンラ」は、人間工学をもとに入浴する人を優しく包み込み、支える浴槽『ファーストクラス浴槽』を標準搭載。背中にかかる圧力を分散させ首周りに程よくフィットする上に、半身浴でもたっぷりなお湯で肩や腰をマッサージしてくれるので、肩凝りや腰痛に悩まされてきた人にはうってつけの製品です。
休日を日帰り温泉でほっこり過ごすのもいいけど、住宅メーカーのショールームで進化したお風呂設備を体感するのも楽しいかもしれません。
リフォームデータ
家族構成: 会社経営のご主人とビジネスパートナーでもある奥様。
愛猫2匹。娘さん一家が和泉市に。
施工期間: 約10日
施工費: 約300万円